注目の記事

一度は行きたい日本のワイナリー見学の楽しみ方とは?

ワイナリー見学とは、欧米や北米では一般的な娯楽の一つです。

日本では大変珍しく貴重な体験となりますが、海外では日本における工場見学のような感覚で億の人が楽しんでるんです。

だが日本のフランスや北米のようにワイナリーを見学させてくれるところはあるのかと、心配になります。

日本でも山梨県では甲州ワインが世界的にも認められており、実施しているところもあるので必見です。

初めてのことでどのように楽しんだらいいのか、どのように参加するといいのか困惑します。

多くはネットのホームページで募集されています。

無料で参加できるところや、一部有料であるところもあるので事前にきちんと確認していきましょう。

最大限楽しむためには、ある程度ワインについて基礎知識を身に着けていくと、工場の方の説明やテイスティングの際にさらに楽しむことが出来るんです。

産地や国、品種などある程度身に着けていくと、さらに楽しめます。

ただこうした基礎知識がなくても、十分楽しめるところもあるので安心です。

実際にワイナリーでは様々な見学や体験を実施しています。

さらに楽しむには、こうしたイベントなどに積極的に参加することが大事です。

先ずは工場見学でブドウを収穫してワインにし、樽詰めしたところをまじかでみることが出来ます。

樽から直接ワインを出し、すぐにテイスティングできるイベントも有ります。

ブドウ畑を披露しているところもあるんです。

どういった品種で、いつの時期に収穫するのかなど教えてくれたり、実際にブドウを食べさせてくれることもあります。

テイスティングイベントはワイナリーでの最大の楽しみと言っても過言ではありません。

幾種類か白と赤をテイストさせてくれるイベントも開催しています。

こうした定見がマリにも楽しすぎて、ソムリエを志す人も少なくありません。

時には食事とのマリアージュを楽しむことが出来るイベントも有ります。

赤や白それぞれにあう食材と一緒にワインを楽しめ会が画開催されます。

樽かボトルに自分でワインを入れ、それを記念の品として持って帰れるイベントも有ります。

いずれの体験イベントも、普段ではけっして経験することのできないものばかりです。

さらにワイナリーではショップが必ずと言っていいほど併設されています。

そこで限定のワインが売られているのでそれをお土産に買って帰るのも楽しいです。

くれぐれもワイナリーに行く際には。

車では行かないようにしましょう。

必ずテイスティングがあり、飲酒運転になってしまうので車の運転はご法度です。

関連記事

  1. スパークリングワインに合う美味しいおつまみレシピとは?

  2. スパークリングワインで作る!ワインカクテルの作り方をご紹介します

  3. ワインが健康に良いって本当?赤ワインと白ワインの特徴別に解説!

  4. ワインが一層美味しくなる?おすすめの食べ合わせをご紹介いたします

  5. 自宅で楽しむワインパーティーに必需品のアイテムをお教えします

  6. ワインソムリエになるには?勉強方法や合格率など詳しく解説します

  7. ワインオープナーを選ぶ時のポイントをお教えします!

  8. イタリアの奇跡と賞されたフランチャコルタの魅力についてお教えします

人気記事

カテゴリー

PAGE TOP